とにかく迅速な対応をしてくれる不動産屋を探すことがポイントです

ビルを描く

CONTENTS

分譲マンションのメリット

手のひらの上の家

賃貸マンションと分譲マンション、どちらがよいのか…

READ...

古い自宅を自分でリノベーション

緑色の家

古い住宅を自分たちでリノベーションするというブロ…

READ...

中古になっても値下がりしないマンションとは

大きな家

中古でも売れやすいマンションの条件と言えば、第一に挙げられるのが駅に近いということでしょう。でも、同じように駅に近いマンションでも、中古では特に価格に差が出ます。マンションの価格は、立地や面積などの他に、稀少価値で大きく左右されます。新築分譲マンションでもそうですが、中古マンションになると、その差はとても顕著に表れます。
周辺にたくさんマンションがあるところでは、需要より供給の方が上回ってしまうため、価値は下がってしまいます。反対に、周辺にマンションが少ないエリアでは、そのエリアのマンションに住みたい、という需要が高いので、中古マンションでも価値は下がらないのです。どうしてもそのエリアのマンションに住みたい、という人は、間取りやその他の条件にこだわらず、少し高めの金額であってもそのマンションを買うでしょう。だから価格相場が高くなるのです。
ある駅から徒歩2分の位置に、大規模な新築マンションが建ち、駅に一番近いマンションだったため、価格は高めでもすぐに完売しました。2年後、駅の反対側の徒歩2分の位置に、50戸程度のマンションが建ちました。今、2つのマンションの価格は大幅に違います。
後から建ったマンションの地域はマンションが少ない上に、そのマンションの戸数も少ないため、中古でも新築の時とそれほど変わらない価格になっています。先に建ったマンションは周辺にマンションが多い上に、大規模マンションで売りに出す人が多いため、低めの価格を設定しても、なかなか売れない状況です。
マンションを購入する場合は、中古で売却する時のことを考えてみることをおすすめします。

Copyright(C)2016 とにかく迅速な対応をしてくれる不動産屋を探すことがポイントです All Rights Reserved.